オンラインストレージを上手に利用するために

オンラインストレージにファイルを保管

オンラインストレージにファイルを保管

オンラインストレージにファイルを保管 オンラインストレージサービスには業務に必要なデータの共有が容易になる点や、大きな事故や災害にみまわれたときのリスク回避に役立てられる点など、多くのメリットがありますが、実際に導入してファイル保管を行う際には注意点があります。
オンラインストレージサービスの多くは、保管可能なファイルの容量に制限が設けられています。そのため、オンラインストレージに保管するデータは特に重要と思うものを優先する必要があるでしょう。しかし、容量制限より重要な注意点はなんといっても保存期限の存在です。ほとんどのオンラインストレージサービスにはデータの保存期間が設定されており、終了してしまうと対象のデータが自動的に削除されてしまいます。サービスによっては追加料金を支払えば期間を長くすることができる場合がありますが、無期限にするのは多額の料金を支払わない限り無理です。ストレージ上にデータを保管しておく場合は、保存の残り時間をこまめに確認しておきましょう。

オンラインストレージで残量を節約

オンラインストレージで残量を節約 パソコン本体に搭載されているHDDやSDD、これらの容量は想像以上に早く消費されます。そもそもOS本体が多くの容量を消費しており、そこに仕事や趣味で使うパソコンソフトをインストールすれば、残量がわずかになります。OSの更新のために、今後仕事や趣味で制作するデータの保管場所を考慮すれば、本体のSSDやHDDの残量は大切に使わなければいけません。
オンラインストレージを活用すれば、容量を節約出来ます。必要だが普段の生活には不要なファイル、こういった物はオンラインストレージに預けておきましょう。動画や音楽、写真などのデータは想像以上にデータサイズが大きいので優先的に預けたい物です。
オンラインストレージを利用する上での注意点ですが、ログインに必要なパスワードは絶対に他人に教えてはいけません。言わば金庫の鍵のような物であり、IDとパスワードが他人に知られると大事な個人情報が無断で閲覧されたり、無断でダウンロードされるためです。

新着情報

◎2019/9/17

ファイルの保管
の情報を更新しました。

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「ストレージ 残量」
に関連するツイート
Twitter