オンラインストレージを上手に利用するために

法人でオンラインストレージを利用するにあたって

オンラインストレージの普及から見る企業の傾向と課題

オンラインストレージの普及から見る企業の傾向と課題 時間や場所にとらわれることなく任意の端末からデータのアップロードやダウンロードができるオンラインストレージは、一般消費者だけではなくその利便性の高さから企業にも普及が進んでいます。
これまでは社内のシステムに頼りきりだったものをオンラインストレージに乗り換えることでより一層、情報の伝達や情報の共有などの利便性が高まり業務の向上につながるためです。
従来では取引先企業との付き合いの中で資料などを直接相手方に提示したり、上司と部下との連絡に関しては書面や口頭で行う必要がありましたが、オンラインストレージを導入することでそのような煩わしさから解放されることになります。
ただしオンラインストレージの導入に際しては誰もが情報にアクセスできるというメリットを享受できますが、第三者からの不正なアクセスや機密情報や個人情報の流出などに対していかなる防衛策を講じておくのか事前によく検討、対策を考えておくのが課題となります。

便利だが未解決の課題もあるオンラインストレージ

便利だが未解決の課題もあるオンラインストレージ オンラインストレージは現在では一般的になっていて、無料のものも多いため利用者が多くなってきているサービスだと言えるでしょう。
が、それゆえの課題も抱えているため時たま問題が発生することがあります。
例えばアップロードされているデータの大量流出などは、実際に起こると被害が大きくなることもある事態で、十分気をつけなければならない課題と言えるでしょう。
これには個人である程度防止できるものと出来ないものがあります。
個人的な備えについては過去に問題が起こったなど危険性が高いサービスを避け自分の端末などに保存されているパスワードなどを慎重に管理することで、個人責任のデータ漏えいについては危険性は減らすことが期待できます。
しかしオンラインストレージのサービス会社自体の失態によるデータやID、パスワードなどの個人情報の大量流出が起こると、個人では十分対処しきれないことがあり、実際そのような事件が起こったこともあります。
そのため使用しているオンラインストレージサービスにそのような事件が起きていないかチェックするなどの注意が必要になってきます。

新着情報

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「オンライン ストレージ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@torekuru0803 オンラインストレージ

返信先:@chicken_rice023 オンラインストレージに保存ってやつですか??

返信先:@kama_tsukai 使い勝手も何もオンラインストレージの容量追加サービスだよ~

オンラインストレージしてて良かったぁ

返信先:@Rider_orz フリープレイと後はオンラインストレージも割と便利で使うのでPlusは結構必要ですね~

返信先:@daayoshida 全部消えたあと、オンラインストレージで一か月前に遡りました笑

Twitterアデトクンポ@530_px

返信 リツイート 20:18

返信先:@Flan_tagatame 今からでもやれるんかな? ちょっと後で試してみる オンラインストレージにそもそも入れてなかったら詰みやけど…

返信先:@fabregasmessi12 普通は自動で保存されてるはずだから「設定のオンラインストレージ」ってとこから「本体ストレージにダウンロード」すればデータ戻る

オンラインストレージのデータに残ってた1ヶ月前のデータで復元しました 俺の一か月が消え失せました

Twitterアデトクンポ@530_px

返信 リツイート 19:22

オンラインストレージ君、俺は信じてるぞ