オンラインストレージを上手に利用するために

法人でオンラインストレージを利用するにあたって

法人でのオンラインストレージの普及は、紙の資料を持つ事なく営業先で顧客情報を閲覧する事ができるようになりいつでもどこでもアクセス可能になりました。
しかもファイル管理の一元的に管理出来るのは今まで以上にやりとりが簡略化されそれぞれの結束力も高めることが可能になりました。
しかし、普及に伴いセキュリティ面でのリスクが課題になりました。
無料だとどうしてもセキュリティ面が弱くなってしまいます。
有料のものを使用する意味が出てきたのです。

オンラインストレージの社内運用

オンラインストレージの社内運用 オンラインストレージは様々な種類のものが存在しますが、法人向けに使用しようと考えている方は機能面とセキュリティ面に優れたものを選択すると良いです。
無料でも使いやすいオンラインストレージがたくさんあります。
例えば、Dropboxなどは地名度も高くて信頼性も抜群で使い勝手も良いのがポイントですが、どうしてもセキュリティ面で劣ってしまいます。
その点を考慮してしっかりと会社を運用していくには、適したオンラインストレージを使用する必要があります。
おすすめはいくつかありますがBoxというのが特に良いようです。
サードパーティの監査によって強固なセキュリティはAES256ビット暗号化を使用して保存されているので安心です。

法人向けオンラインストレージの注意点とは

法人向けオンラインストレージの注意点とは 法人向けオンラインストレージを導入する前にいくつかの注意点があります。
オンラインストレージは複数のユーザーでファイルやデータを共有するシステムとなっており、一人のユーザーの端末や通信環境の不具合といったトラブルに全体が巻き込まれてしまうことがあります。
そのため情報漏洩の危険性が高く、オンラインストレージを導入する際には会社内で使用されるパソコンのセキュリティを徹底的に強化しなくてはなりません。
利用可能な容量についてですが、基本料が設定されているものと後から課金して容量のスペースを増やすものがあります。
注意が必要なのは課金して容量のスペースを増やすシステムのもので、使用容量を超えた時の課金する料金が予算を大幅に超えてしまう危険性が考えられます。
オンラインストレージではほとんどのサービスがサーバの冗長を考慮しているのでサーバに障害が発生してもすぐに復旧する仕組みになっています。
しかし、そのサーバの管理と運用は自社ではなくベンダーに依存しているので、勤務中にサーバにトラブルが発生したとしても会社側では対応ができないため、ベンダーの対応を待たなくてはなりません。
サービスのほとんどがすぐに復旧する仕組みになっているとは言え、ベンダーの対応を待つ間は手持ち無沙汰になってしまいます。

オンラインストレージ関連リンク

法人向けのオンラインクラウドストレージ

新着情報

◎2019/9/17

オンラインストレージにファイルを保管
の情報を更新しました。

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

#あにつく2019 9/28(土)開催】[15:40~16:30] 20Kmを0mに 距離を感じないCGスタジオ拠点構築(システム管理セッション) [講演内容] 1.インフラストレージ統合 2.拠点間の10G専用線接続 3.リモートワークステーション運用 4.拠点間の同時ラッシュチェック #サンジゲン too.com/atsuc/2019/#s1C

Twitter株式会社サンジゲン 公式アカウント@SANZIGEN_INC

返信 リツイート3 0:05

ようやくiPhone 11 pro max運用開始。 iTunesの2.5万曲がNAS上にあり、wi-fi軽油でコピーしたら8時間かかった為。 母艦のノートPCのストレージは小さいからこうなっちゃうんだよなあ。

Twitter麻利夫@月曜西G28a@yunakazeki

返信 リツイート 昨日 18:28

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

部で管理運用するオンラインストレージを調査してるんですが、「コストをかけるな」という条件しか提示されていないので悩み中。。。 アクセスコントロールとか色々考えるとどうしても外部サービスの有料枠に行きついてしまう。

【本店BF】 ストレージ製品の増設で、空き容量を増やせるのはパソコンの良い所😉 お手頃価格で人気のSEAGATE製HDDはいかがでしょう? 単純な運用でしたら御値段安い「BarraCuda」🐟シリーズ 稼働時間長い運用や、RAID構築なんかには「IronWolf」🐺シリーズがおすすめですよ!👍 pic.twitter.com/n8GH769L9y

Twitterツクモ本店PCパーツ部@99_HONTEN_Parts

返信 リツイート 9/19(木) 17:41

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

“【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [196] 運用環境 シェル(その16)|サーバ/ストレージ|IT製品の事例・解説記事” htn.to/2L49ovGcE3

Twitter[labunix@らぼゆにっくす:~]$@labunix

返信 リツイート 9/19(木) 5:43

返信先:@Tackn 運用のやり方次第かな。今の職場ある意味もっとやばい、広い意味で医療系だけどストレージメディア監視、無効化するツールを入れているからキーボード、マウスとかは繋ぐのokだし。