オンラインストレージを上手に利用するために

法人でオンラインストレージを利用するにあたって

法人でのオンラインストレージの普及は、紙の資料を持つ事なく営業先で顧客情報を閲覧する事ができるようになりいつでもどこでもアクセス可能になりました。
しかもファイル管理の一元的に管理出来るのは今まで以上にやりとりが簡略化されそれぞれの結束力も高めることが可能になりました。
しかし、普及に伴いセキュリティ面でのリスクが課題になりました。
無料だとどうしてもセキュリティ面が弱くなってしまいます。
有料のものを使用する意味が出てきたのです。

オンラインストレージの社内運用

オンラインストレージの社内運用 オンラインストレージは様々な種類のものが存在しますが、法人向けに使用しようと考えている方は機能面とセキュリティ面に優れたものを選択すると良いです。
無料でも使いやすいオンラインストレージがたくさんあります。
例えば、Dropboxなどは地名度も高くて信頼性も抜群で使い勝手も良いのがポイントですが、どうしてもセキュリティ面で劣ってしまいます。
その点を考慮してしっかりと会社を運用していくには、適したオンラインストレージを使用する必要があります。
おすすめはいくつかありますがBoxというのが特に良いようです。
サードパーティの監査によって強固なセキュリティはAES256ビット暗号化を使用して保存されているので安心です。

法人向けオンラインストレージの注意点とは

法人向けオンラインストレージの注意点とは 法人向けオンラインストレージを導入する前にいくつかの注意点があります。
オンラインストレージは複数のユーザーでファイルやデータを共有するシステムとなっており、一人のユーザーの端末や通信環境の不具合といったトラブルに全体が巻き込まれてしまうことがあります。
そのため情報漏洩の危険性が高く、オンラインストレージを導入する際には会社内で使用されるパソコンのセキュリティを徹底的に強化しなくてはなりません。
利用可能な容量についてですが、基本料が設定されているものと後から課金して容量のスペースを増やすものがあります。
注意が必要なのは課金して容量のスペースを増やすシステムのもので、使用容量を超えた時の課金する料金が予算を大幅に超えてしまう危険性が考えられます。
オンラインストレージではほとんどのサービスがサーバの冗長を考慮しているのでサーバに障害が発生してもすぐに復旧する仕組みになっています。
しかし、そのサーバの管理と運用は自社ではなくベンダーに依存しているので、勤務中にサーバにトラブルが発生したとしても会社側では対応ができないため、ベンダーの対応を待たなくてはなりません。
サービスのほとんどがすぐに復旧する仕組みになっているとは言え、ベンダーの対応を待つ間は手持ち無沙汰になってしまいます。

オンラインストレージ関連リンク

法人向けのオンラインクラウドストレージ

新着情報

◎2019/9/17

ファイルの保管
の情報を更新しました。

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

作業中はこんな感じ、カメラはUSBストレージモード。マウスやキーボードも付けられるし、宿にでかいTVあればHDMI接続でモニタにもできる。スマホはメモリ容量が増設できないという欠点があるが、運用次第ではノートパソコン不要になるやも\(^-^)/ pic.twitter.com/qxcSc6hAVa

OneMixに常時差してWindowsから固定ディスク扱いされる運用の目的でUSB接続の小型ストレージを探してるんですが超小型USBメモリが現在256MBまでしかなくその製品も256MBの物はかなり熱持つようなのでいっそポータブルSSD系1TBで妥協するべきかなどと

TwitterK.I.M@C96夏コミ4日目8/12(月)西2す06a@xkim99

返信 リツイート 昨日 12:54

素人目線でもう少し思うところを書くと、VMやコンテナから使うストレージの素養は今後も重要で、PortworxやStorageOSあたりのプロプラSDSを構築・運用するチャンスが来たら取りにいくべき。但し知る限り、国内ではYahooさんぐらいにしかなさそう。

sat さんが「とにかくNecoに人が欲しい、とくにストレージやりたい人ー!おらんかー!」と↓を共有せよとおっしゃるので共有します。😎 いま知っておきたいLinux─WebアプリがOSのプロセスとしてどのように見えるか? を運用に生かす #エンジニアHub employment.en-japan.com/engineerhub/en…

返信先:@_y_ohgi > ・IAサーバ、ハードウェアの評価経験 > ・サーバー/ストレージの設計、構築、運用経験 > ・データーセンター運用経験 > ・障害監視、リソース監視システムの設計・構築・運用経験 > ・nginx の構築、運用経験 アウトー!!

A100、内蔵ストレージが64GBまでしかないのか なら最初からmicroSD運用と割り切って16GBモデルでいいかな

返信先:@kazz_magireco それはクレイジーすぎやしませんか!しかもクラウドストレージの利便を超えて厄介な運用がのしかかるんじゃないかと(笑)

Twitterタイフーン武蔵弁慶(悪代官)@ramen19620213

返信 リツイート 10/16(水) 21:30

返信先:@lastline うーん、そこまで「標準の標準ぐらいに収まるユーザーであれば」って仮定を今更たいしたコストでもないストレージで置くのもなぁ、というスタンス。特に割りとハイエンド寄り機種なんだし、ガバで生きたい。クラウドは結局通信容量含めて「運用」しなきゃいけないからなぁ。

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

サブスクリプション型のサービスが有用な点は、情報の渦から一部を切り出して、その管理・運用をまるっと委譲できる点にある。 PCやスマホが担ってきた多くの役割(ストレージ、画像処理、音楽再生...)といったうちのいくつかをサービスに委ねる。