オンラインストレージを上手に利用するために

法人でオンラインストレージを利用するにあたって

法人でのオンラインストレージの普及は、紙の資料を持つ事なく営業先で顧客情報を閲覧する事ができるようになりいつでもどこでもアクセス可能になりました。
しかもファイル管理の一元的に管理出来るのは今まで以上にやりとりが簡略化されそれぞれの結束力も高めることが可能になりました。
しかし、普及に伴いセキュリティ面でのリスクが課題になりました。
無料だとどうしてもセキュリティ面が弱くなってしまいます。
有料のものを使用する意味が出てきたのです。

オンラインストレージの社内運用

オンラインストレージの社内運用 オンラインストレージは様々な種類のものが存在しますが、法人向けに使用しようと考えている方は機能面とセキュリティ面に優れたものを選択すると良いです。
無料でも使いやすいオンラインストレージがたくさんあります。
例えば、Dropboxなどは地名度も高くて信頼性も抜群で使い勝手も良いのがポイントですが、どうしてもセキュリティ面で劣ってしまいます。
その点を考慮してしっかりと会社を運用していくには、適したオンラインストレージを使用する必要があります。
おすすめはいくつかありますがBoxというのが特に良いようです。
サードパーティの監査によって強固なセキュリティはAES256ビット暗号化を使用して保存されているので安心です。

法人向けオンラインストレージの注意点とは

法人向けオンラインストレージの注意点とは 法人向けオンラインストレージを導入する前にいくつかの注意点があります。
オンラインストレージは複数のユーザーでファイルやデータを共有するシステムとなっており、一人のユーザーの端末や通信環境の不具合といったトラブルに全体が巻き込まれてしまうことがあります。
そのため情報漏洩の危険性が高く、オンラインストレージを導入する際には会社内で使用されるパソコンのセキュリティを徹底的に強化しなくてはなりません。
利用可能な容量についてですが、基本料が設定されているものと後から課金して容量のスペースを増やすものがあります。
注意が必要なのは課金して容量のスペースを増やすシステムのもので、使用容量を超えた時の課金する料金が予算を大幅に超えてしまう危険性が考えられます。
オンラインストレージではほとんどのサービスがサーバの冗長を考慮しているのでサーバに障害が発生してもすぐに復旧する仕組みになっています。
しかし、そのサーバの管理と運用は自社ではなくベンダーに依存しているので、勤務中にサーバにトラブルが発生したとしても会社側では対応ができないため、ベンダーの対応を待たなくてはなりません。
サービスのほとんどがすぐに復旧する仕組みになっているとは言え、ベンダーの対応を待つ間は手持ち無沙汰になってしまいます。

オンラインストレージ関連リンク

法人向けのオンラインクラウドストレージ

新着情報

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

20TBくらいのストレージサーバも持ってたんだけどディスクぶっ壊れまくってリビルドしてる時間のほうが長いくらいだからもう運用やめたんだよな・・・

Virtualbox入れてストレージ割り振ったのは良いものの、PCの空き容量的に運用無理やなってなってストレージ空けました 左のタグみたいなやつを右クリックして削除みたいなのん押したら解放できます

Twitterましろ@情報系ブログ@mashiro_blog

返信 リツイート 昨日 23:14

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

実家PCは現在SSD1台とHDD1台運用なので、2.5インチストレージと3.5インチストレージが1台ずつ、計2台突っ込めるラックで運用してるのよなー。鍵無しでボタン押して開けるタイプ。これの2.5インチストレージ2台分バージョンが欲しいなー。

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

返信先:@snmr_s 論理的に共有ディレクトリを分けて、マウントしてやればそんなに違和感はないと思うけど、運用上は余計な障害想定が必要になりそうよねー(´・ω・`)本番系のアーカイブ処理とかとバックアップ取得が並行して走って、処理中にストレージ全体の空きがなくなるとか…

今回のCドラもIntelの256GBだしな・・・ 唯一、ストレージ1枚運用を想定したPen機は500GBだったような気がするけど。

なのでそのへんをしっかりやってくれるリセラーを選ぶことが重要。あとはもうちょい金出して構成やセキュリティのアドバイスしてくれたり、各種運用作業(再起動・ストレージ追加・証明書入れ替え等)を代行してくれたり、さらには24/365で監視もしてくれるフルサポートに入ったほうが楽だし安心

返信先:@INPN_Office 使い勝手の問題です。家鯖で40Gと既存1GをブリッジしメインPCは40Gで家鯖直結運用してたのですが、家鯖が死ぬとPCでネット出来なくなるのは流石に…という具合でして。生憎40Gの帯域を活かせるストレージも持ってませんし笑。40G SWが安く手に入れば40Gに戻したいとは思ってます。