オンラインストレージを上手に利用するために

法人でオンラインストレージを利用するにあたって

法人でのオンラインストレージの普及は、紙の資料を持つ事なく営業先で顧客情報を閲覧する事ができるようになりいつでもどこでもアクセス可能になりました。
しかもファイル管理の一元的に管理出来るのは今まで以上にやりとりが簡略化されそれぞれの結束力も高めることが可能になりました。
しかし、普及に伴いセキュリティ面でのリスクが課題になりました。
無料だとどうしてもセキュリティ面が弱くなってしまいます。
有料のものを使用する意味が出てきたのです。

オンラインストレージの社内運用

オンラインストレージの社内運用 オンラインストレージは様々な種類のものが存在しますが、法人向けに使用しようと考えている方は機能面とセキュリティ面に優れたものを選択すると良いです。
無料でも使いやすいオンラインストレージがたくさんあります。
例えば、Dropboxなどは地名度も高くて信頼性も抜群で使い勝手も良いのがポイントですが、どうしてもセキュリティ面で劣ってしまいます。
その点を考慮してしっかりと会社を運用していくには、適したオンラインストレージを使用する必要があります。
おすすめはいくつかありますがBoxというのが特に良いようです。
サードパーティの監査によって強固なセキュリティはAES256ビット暗号化を使用して保存されているので安心です。

法人向けオンラインストレージの注意点とは

法人向けオンラインストレージの注意点とは 法人向けオンラインストレージを導入する前にいくつかの注意点があります。
オンラインストレージは複数のユーザーでファイルやデータを共有するシステムとなっており、一人のユーザーの端末や通信環境の不具合といったトラブルに全体が巻き込まれてしまうことがあります。
そのため情報漏洩の危険性が高く、オンラインストレージを導入する際には会社内で使用されるパソコンのセキュリティを徹底的に強化しなくてはなりません。
利用可能な容量についてですが、基本料が設定されているものと後から課金して容量のスペースを増やすものがあります。
注意が必要なのは課金して容量のスペースを増やすシステムのもので、使用容量を超えた時の課金する料金が予算を大幅に超えてしまう危険性が考えられます。
オンラインストレージではほとんどのサービスがサーバの冗長を考慮しているのでサーバに障害が発生してもすぐに復旧する仕組みになっています。
しかし、そのサーバの管理と運用は自社ではなくベンダーに依存しているので、勤務中にサーバにトラブルが発生したとしても会社側では対応ができないため、ベンダーの対応を待たなくてはなりません。
サービスのほとんどがすぐに復旧する仕組みになっているとは言え、ベンダーの対応を待つ間は手持ち無沙汰になってしまいます。

オンラインストレージ関連リンク

法人向けのオンラインクラウドストレージ

新着情報

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

Kubernetesやってますという人に、「永続ストレージはどうしてるんですか」と聞くと、玄人感が出せ、ガチ運用してるかどうかもわかるのでオススメです

Twitterねこめし@マルチクラウド@necomeshi

返信 リツイート2 18:11

RT @Tack67: #名画で学ぶストレージ 二人の密談(!)の内容が、ストレージ運用予算の削減だとしたら、たまったものではありませんよね。 予算カットによって複数拠点の物理的なデータセンターによる災害対策が行えなくなった場合の秘策には、弊社社員がICOSと略称で呼ぶソリュー…

Twitterエラマコト@フリーライター&編集者@eacreation_

返信 リツイート 12:04

IaaS(アイアース、イアース):システムの稼働・運用管理に必要なサーバ、CPU、記憶装置(ストレージ)、回線、その他機材などの設備一式(基盤、インフラストラクチャ)を、ネットワーク上のサービスとして提供する仕組み。《ITストラテジ》

返信先:@kujira_neko なるほど、「乗ったまま出し入れできる」「ハンドル周辺に最も近いストレージである」あたりを主眼に運用方法を考えるのが良さげですね。

Twitter吉良理人@ねもい@big_bros

返信 リツイート 昨日 3:45

iPadで運用前提で、iCloud・Dropbox・Googleのどれかオンラインストレージでデータ保管。 データ形式はPDFかjpeg。内容検索用にOCR機能はあれば使い勝手良いがタイトル検索だけでも良いかなぁ。 そんなスキャンアプリ探したり調べているけど、オススメないだろうか・・・?(´-ω-`)

返信先:@pon_hk3rd 抱き合わせの販売とかは勘弁して欲しいですね。 アプリ以外のデータで容量使うのであれば、 ・PCローカルストレージに保存 ・クラウドストレージの利用 ・NASの構築/運用 etcetcと手段はありますが、スマホ内で完結させたいユーザも多いかなと思ってますので

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

日本維新の会 足立康史議員ってば出生地自体は、出生届の保存期間を27年から必要なだけ延長すれば済みますよね。← サラッと新たに手間を増やすスタイル。日本国民1億2千万人分の出生地を100年間保存維持するのに、データベース設計からストレージ設計、運用管理まで見直す気ですか?

メモその1 セットになってるCPUは2400G その2 運用するのはAndroid x86(元々ARMの物を無理くりx86にしてるらしい最適化何それ美味しいのって感じのOS)なのでスペックには余裕を持ちたい=メモリもっと積んでもいいかも その3 Androidはそれほどストレージ容量要らないのでSSDは240でも良さそう

オンプレでやるとしても、S3みたいなどのホストからもアクセスできて容量無制限のように見えるマネージドなオブジェクトストレージは欲しいな。 それだけで大分運用が楽になる。 そっちを運用する方は大変だろうけど。。