オンラインストレージを上手に利用するために

法人でオンラインストレージを利用するにあたって

法人でのオンラインストレージの普及は、紙の資料を持つ事なく営業先で顧客情報を閲覧する事ができるようになりいつでもどこでもアクセス可能になりました。
しかもファイル管理の一元的に管理出来るのは今まで以上にやりとりが簡略化されそれぞれの結束力も高めることが可能になりました。
しかし、普及に伴いセキュリティ面でのリスクが課題になりました。
無料だとどうしてもセキュリティ面が弱くなってしまいます。
有料のものを使用する意味が出てきたのです。

オンラインストレージの社内運用

オンラインストレージの社内運用 オンラインストレージは様々な種類のものが存在しますが、法人向けに使用しようと考えている方は機能面とセキュリティ面に優れたものを選択すると良いです。
無料でも使いやすいオンラインストレージがたくさんあります。
例えば、Dropboxなどは地名度も高くて信頼性も抜群で使い勝手も良いのがポイントですが、どうしてもセキュリティ面で劣ってしまいます。
その点を考慮してしっかりと会社を運用していくには、適したオンラインストレージを使用する必要があります。
おすすめはいくつかありますがBoxというのが特に良いようです。
サードパーティの監査によって強固なセキュリティはAES256ビット暗号化を使用して保存されているので安心です。

法人向けオンラインストレージの注意点とは

法人向けオンラインストレージの注意点とは 法人向けオンラインストレージを導入する前にいくつかの注意点があります。
オンラインストレージは複数のユーザーでファイルやデータを共有するシステムとなっており、一人のユーザーの端末や通信環境の不具合といったトラブルに全体が巻き込まれてしまうことがあります。
そのため情報漏洩の危険性が高く、オンラインストレージを導入する際には会社内で使用されるパソコンのセキュリティを徹底的に強化しなくてはなりません。
利用可能な容量についてですが、基本料が設定されているものと後から課金して容量のスペースを増やすものがあります。
注意が必要なのは課金して容量のスペースを増やすシステムのもので、使用容量を超えた時の課金する料金が予算を大幅に超えてしまう危険性が考えられます。
オンラインストレージではほとんどのサービスがサーバの冗長を考慮しているのでサーバに障害が発生してもすぐに復旧する仕組みになっています。
しかし、そのサーバの管理と運用は自社ではなくベンダーに依存しているので、勤務中にサーバにトラブルが発生したとしても会社側では対応ができないため、ベンダーの対応を待たなくてはなりません。
サービスのほとんどがすぐに復旧する仕組みになっているとは言え、ベンダーの対応を待つ間は手持ち無沙汰になってしまいます。

オンラインストレージ関連リンク

法人向けのオンラインクラウドストレージ

新着情報

◎2019/3/5

ストレージとセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

無料と有料のストレージ
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Taremimi7710 ASUS CUBXです ASRock分離前のASUSマザーで、ソケ370なのに440BX積んでる謎マザーです 諸事情あり、Pen3 533MHzを266MHzにDCした上で、ファンレス運用の予定ですね GPUはGeForce2 MX200(ロープロ・DVIオンリー・64MB) ストレージはトラセンPTM520の予定です pic.twitter.com/deFSFyRbFq

ストレージ障害発生は誰のせいか」犯人捜しに疲弊しない運用チームを作るには keyman.or.jp/kn/articles/19…

返信先:@meteor841 CPUコアそのものが128bitだと思ってしまい、数えるほどしかないと思ったのですが、仮想化されているのであれば納得です。データ運用の継続性に重きを置いたシステムならメモリ空間が64bitでもストレージ含めて不安でしょうし128にしておくのも道理ですね。

返信先:@nyamucoro 1. そのうちします、、😌💦 2. 現在暫定で自宅鯖ですが、10USD程度で十分なサーバー借りれます🖥✨ 3. #LIVAQ2#AtomicHost 入れて暫定運用中です。。 メモリは2GB死守、多いほど良いです。 ストレージはHDDじゃなければボトルネックにはならないはずです。 CPUは工業やらなければ弱くても大丈夫❗️

Twitter黒音キト⛏😼VTuber::ブラックIT系プログラマー@kurone_kito

返信 リツイート 昨日 12:01

スマッホンのみで運用している若い子がSDカード刺さらねぇ!ってキレるのは一定の理解はするけど 母艦がPCだと本当にスマッホンのSDカードにみんな何入れてるんだろう…と疑問になるくらいにはローカルストレージ使ってない apps.apple.com/app/google-dri…

vSphere でHA構成すれば運用すげぇ楽で片方故障してもこっちは余裕持って対応できますんで、ぜひストレージかVSANを含めた設計で発注していてください〜 とな

返信先:@happylab クラウドに置きたくないデータもあるかと思いますが。 物理的破損についても、本体の破損とリムーバブルストレージとでは話が違ってきます。 ここまで来ると運用方針の相違かと思いますが。

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

流石にストレージ32GBはキツすぎるものがあってのこり4GBしかないので、MicroSD128GBを買ってそっちにOS入れて運用していくか… それにしても128GBが2000円切ってるなんてすごいいい時代だな

ラズパイ4の主要スペック:4コアCPU+4GBメモリ+128GBストレージ(SD)、 ここだけ見ると今のマンホールマップサーバーとほぼ同じなんだよな。安定運用できそうだったらいっそラズパイ4で・・・と考えてしまう